約94万人分の署名をFILAに送りました

画像 全国から集まった署名、約94万人分を国際レスリング連盟に送りました。

 署名の総重量は約230キロちょっと。EMS国際スピード郵便は、1個30キロまでしか送れず、スイスまでだと4万2000円かかります。1箱に規定いっぱいの30キロを積めると8箱必要で、4万2000円×8=33万6000円です。

 しかし! 10箱以上送ると1割引きになるのです。そこで、1箱に23キロまでを入れ、10箱にしてみます。23キロの場合、送料は約3万5000円。これが10箱だと35万円になり、その1割引きですから、31万5000円。同じ総重量でも、安くなるのです。

 頭いい! 実は、郵便局の人がアドバイスすてくれたのですけどね^^ 10箱以上で割引なんてルール、普通じゃ知らないですよ。海外に荷物送ることなんて、ほとんどないですから。

(写真=約23kgずつ計り、10個の箱詰めへ。大橋副団長と関コーチ)

 仕事の関係もあり、午後3時に署名が保管してある味の素トレーニングセンターへ。副代表の大橋正教ALSOK監督、アカデミーの関コーチの3人で箱詰めです。TBSがこの段階から撮影に来ていました。でも、番組では使わないでしょう。

 予定より早く終わったので、集荷予定の6時まで資料整理など。6時近くになって、報道陣も集まってきました。事務局の北根局長、菅次長も到着。箱に詰められた署名を見て名残惜しそう。

 報道陣に公開したあと、ガムテープで封印。直後に郵便局の人が到着。ひと箱ずつ重さを計り、1割引きで32万130円。これ、結局、日本協会が出してくれました。寄付だけじゃ、とてもまかない切れなかった金額なので、ほっとしました。

 赤い郵便車を見送ると、不意に涙が、、、出なかったですね。まだ終わったわけじゃないですから。この2ヶ月間、毎日見た署名用紙。4月末の1週間は他のことが手につかない忙しさとなりました。名残り惜しいのは確かですけど、感傷的になっている場合ではありません。

 IOC理事会はすぐ。まず3競技に残り、最後の3ヶ月ちょっとの闘いに突入しなければなりません!


【活動資金の寄付を求めます】
《振込先》みずほ銀行 新橋支店 (普)2730764 「サポートレスリング」

レスリングを五輪競技に復帰させる会
http://www.japan-wrestling.org/save_wrestling
(メール) jwf-supporwrestling@memoad.jp


 

"約94万人分の署名をFILAに送りました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント