寄付を求めるメールへ苦情が来ました

 「Chang org」の署名サイトで署名してくださった方に、活動報告を兼ねて寄付のお願いを求めたところ、「署名してもらったことで得た個人情報であるアドレスに寄付を募るメールを送りつけるといったやり方に大変な憤りを感じています」との苦情メールをいただきました。

 不快な思いをさせたのであれば、深く謝罪します。

 しかし、寄付のみを目的として一斉メールを出したのではありません。あくまでも活動報告が主であり、その一部に寄付のお願いを書いたわけです。もちろん、強制ではなく、お願いですので、寄付の趣旨に賛同できなければ無視してくださって構いません。

 間違ってほしくないのは、この会はレスリング協会とは別の組織であり、協会からは何の経済支援も受けていません。どんな崇高な理想を掲げても、財政基盤0では活動できないのが現実です。

 署名してくださった方の気持ちに応えるためにも、積極的な活動が必要で、そのために寄付を募っているわけです。そのことだけは、どうかご理解願いたいと思います。

画像 前回の報告から3件、2万円の寄付がありました。30日の街頭署名活動で、場所の使用料として2100円、キッズ選手の交通費として9000円、事務用品代として900円の計1万2000円を引きだしました(大人の選手、浅草応援団などの交通費は持ち出しでお願いしました)。

 ボランティアで協力をお願いしたといっても、職を持っているわけではないキッズ選手にはせめて交通費を払いたいと思います。このように、署名活動をするには、必ずお金がかかるわけです。ぜひ、理解してほしいです。

 今後も活動報告のメールに寄付のお願いをすると思います。そうしたメールを受け取りたくない人は、メールソフトで受取拒否にしていただきたく思います。よろしくお願いします。


《届いた署名》
警視庁レスリング部OB会、市川和彦、マイティ・スポーツ・プラザ、鈴木暁子、篠木弘樹、日大レスリング部OB会、自衛隊体育学校


【活動資金の寄付を求めます】
《振込先》みずほ銀行 新橋支店 (普)2730764 「サポートレスリング」

レスリングを五輪競技に復帰させる会
http://www.japan-wrestling.org/save_wrestling
(メール) jwf-supporwrestling@memoad.jp

"寄付を求めるメールへ苦情が来ました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント