和歌山の署名活動&4・7新日本プロレス署名活動の打ち合わせ

画像 ジュニアクイーンズカップのあった日に協会ホームページの増渕記者からメールで送られていた和歌山での署名活動の写真を開けてみる。80人もの人が、よくやってくれたと感激。関西地方のテレビ局が取り上げてくれ、いくつかの新聞にも載った。(右写真=最下段にもあります)

 過去、全国のレスリング関係者の気持ちがここまで一丸となって同じ方向に向かっていったということは、例がないのではないだろうか。それを考えると、今回の国際オリンピック委員会(IOC)理事会の決定は感謝すべきことかもしれない。

 レスリングの五輪競技の存続が決まることが大前提での感謝だが(そうでなければ、やはりIOCへの悪感情が出てくると思う)、今回のIOC理事会の決定の原因は国際レスリング連盟にあったことがはっきりした今、国内外のレスリング界のこれまでの悪習を是正する最高の機会をもらったのだと思う。

 普及・広報に、無頓着とまでは言わないが、さほど力を入れていなかったのが現実。それでは競技が存続できないことを多くの人が知ったはずだ。

 さて、夕方、中野坂上にある新日本プロレス、というより親会社のブシロードに7日の両国国技館での署名活動の打ち合わせへ行く。1万人の観客を見込んでいるそうで、頑張れば1万人の署名が集まる? 

 まあ、すべての人がやってくれるわけではないし、すでに後楽園ホール大会などで署名している人もいるだろうから、1万とは言わないが、5000人は集めたいところ。

 長州力のマネジャー、専大の佐藤満コーチとも連絡を取り、10日(水)に母校・専大のレスリング部を訪れ、マスコミを集めて、選手を激励するとともにレスリングの五輪競技の存続を訴えることも決めた。街頭署名ではないから、マスコミを集めなければ意味がない。とにかく来てもらおう。

 夜、協会副会長であり、専大監督の馳浩さんに電話。長州力の件の報告と、何日か前に新日本プロレスに五輪金メダリスト3人が来ることを話した時、「オレも行こうかな」と言っていたので、「来られますか?」と尋ねた。

 「行こうと思う」との返事。「リングに上がりますか?」と聞いたら、「いや、金メダリストが上がるリングには上がれない。ブシロードの会長に、レスリング協会の副会長としてお礼に行きます」とのこと。さすが国会議員! 人に頭を下げるという姿勢はすばらしいですね^^ 見習わないとなりません。

《届いた署名》=敬称略
日大レスリング部OB会、東京旭川会、神奈川・秦野総合高校


【活動資金の寄付を求めます】
《振込先》みずほ銀行 新橋支店 (普)2730764 「サポートレスリング」

レスリングを五輪競技に復帰させる会
http://www.japan-wrestling.org/save_wrestling
(メール) jwf-supporwrestling@memoad.jp

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • VISVIM サンダル

    Excerpt: 和歌山の署名活動&4・7新日本プロレス署名活動の打ち合わせ レスリングを五輪競技に復帰させる会 活動報告/ウェブリブログ Weblog: VISVIM サンダル racked: 2013-07-09 23:36
  • プラダ 財布

    Excerpt: 和歌山の署名活動&4・7新日本プロレス署名活動の打ち合わせ レスリングを五輪競技に復帰させる会 活動報告/ウェブリブログ Weblog: プラダ 財布 racked: 2013-07-09 23:49