3000人分の署名が届きました! 横山さん、感謝・感激です!

画像 うれしい出来事! 岡山の鴨方町レスリングスポーツ少年団の代表を務めており、3年前から「おかやま山陽高校」でレスリングの指導を再開した横山茂嘉さんから、何と3000人分の署名をいただきました! 

 署名活動を開始して、わずか10日間でこの数! 署名用紙150枚は、指でギュッと押しつぶしても2センチになります(右写真の下)。見てみると、岡山県のみならず、広島県や愛知県もあります。必死になっていただいたことが伝わってきます。

 横山さんは日体大で栄和人・女子強化委員長のひとつ先輩。栄委員長の現役時代の同僚であり、ライバルだったインカレV4の五位塚悟さん(当時大東大)と大接戦したこともあります。高校時代は陸上の選手でレスリングは日体大に進学してからで、大けがでかなりのブランクがありながら、全日本選手権でも上位に入賞されたこともあるというから、すごい選手でした。

 約20年間、陸上部の顧問をやっていて、レスリングはちびっ子だけでしたが、3年前に高校レスリング界に戻ってきました。ご子息2人とも日体大でレスリングをやっており、次男・巧さんは2010年世界学生選手権3位、長男・太さんは現在自衛隊でレスリングをやっており、昨年の全日本選抜選手権で2位。リオデジャネイロ五輪を目指しています。

 3000人の署名は、レスリングのほか、陸上部時代のつてをフルに使って集めたものだそうです。「目標10万人なんて少ないよ! なんで100万人と言わないの! みんなが必死に集めれば絶対にできるよ」とのお叱り。心強いご支援です。

 さらに、「短期決戦であと3000人は集めますよ」とのお言葉。ここまでやってくれる人がいるのだから、今月中旬以降に予定しているプロレス会場や街頭、レスリング会場での署名活動、必死にやりたいと思います。

 きょう、青少年総合センターで行われた全国少年少女選手権の会場でも、ゴールドキッズの全面協力によって約1000人分の署名が集まりました。この日だけで、4000人分の署名が集まったわけです。昨日。「9000人」と報告しましたが、1日あけて「1万3000人」といたします。

 《到着した署名》=敬称略
おかやま山陽高校



レスリングを五輪競技に復帰させる会
http://www.japan-wrestling.org/save_wrestling
(メール) jwf-supporwrestling@memoad.jp

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック